株式会社 斉藤楽器製作所
斉藤楽器製作所
インフォメーション
ホーム > インフォメーション > 修理/アフターケア > 音板交換
音板交換

過去に販売した全ての機種で音板作成可能です。

*納期2週間程度
    ご注文方法
    ご注文の際は「機種品番」、「ご希望の音と数字」をお知らせ下さい。
  1. 注文例 マリンバNo.250の下から2番目のファ(F)の音が欲しい場合

    No.250の音域はF33〜F81ですので、下から2本目のファはF45になります。
    なおA=442Hzの打刻があるのがA49の音板です。

  2. 機種名が分からない場合は製品枠内側に付いている製造プレートを確認。
    それでも分からない場合は左記資料をご覧の上品番を確認して下さい。

  3. 注1)MB-25,MS-75,は製造年度の確認が必要です。
    注2) 昭和50年代以前のものは音板材が異なります。その点ご了承下さい。
    注3)MS3000番台は音板のモデルチェンジをしています。
    製造年度の確認もしくは幹音部の形状の確認が必要です。
    例)MS-3500 A25 幹音部@
機種名確認手順

機種名確認手順

  1. 製品枠内側の製造プレートを確認して下さい。分からない場合は"音板サイズから機種名を調べる"、または"品番年代別機種写真"を参考の上品番を確認して下さい。 分からない場合は楽器全体の写真を撮り当社までご送付下さい。
    (s-toru@saitogakki.co.jpまで)

 

製造年月、製造番号をご確認下さい