株式会社 斉藤楽器製作所
斉藤楽器製作所
インフォメーション
ホーム > インフォメーション > 修理/アフターケア > モーター・コントロールBOX修理
モーター・コントロールBOX修理

モーター及びコントロールBOX修理

*納期1〜2週間
回転しない、すぐ止まるなど動作不良の場合 当社へお送り頂いての修理になります。必ずモーターとコントロールBOXをセットでお送り下さい。取り外し方は下記をご参照下さい。
注)DCモデルでランプが点くが回らない場合はまず電池交換をお試し下さい。
注)旧型(円筒形)のモーター、昭和54年以前のモーターは修理不可能です。

新品モーター及びコントロールBOX発注の場合
新品モーターご発注の場合は全てコントロールBOXとのセット販売になります。
・No.125及びNo.150 …AC用モーター、箱型コントロールBOXのセット
・No.180DC…DC用モーター、箱型コントロールBOX、及び付属品のフルセット
・全てのVSシリーズ−DC用モーター、薄型コントロールBOX、及び付属品のフルセット
注)付属品はACアダプター、電池ホルダー、バッテリーボックス、DC用電源コード モーターベルト及びモーター止めネジは別売り


コントロールBOXの個別注文


  1. コントロールBOXの個別注文は箱型のみ可能です。その際モーター側の接続プラグ形状(新or旧)をご確認下さい。薄型コントロールBOXの発注は当社までご相談下さい。

旧タイプ
新タイプ
モーターの取り外し方法(No.シリーズ)

モーターの取り外し方法(No.シリーズ)

    @音板と共鳴管を取り外し、本体下の蝶ネジとダンパーナットを外します。
  A高音側のダンパーレバーを固定している受け金具をプラスドライバーで外します。次に低音側のダンパーレバーを受け金具から外し、ダンパー全体を外して下さい。
  Bモーター上部のモーター止めネジを緩めます(完全に外さないで下さい)。
  Cモーターから出ているコードの先のプラグが、コントロールBOXのコンセントから外れているのを確認した上、モーターを脱落しないように支えながらモーター止めねじを完全に外します。

モーターを低音側にスライドさせると取り外す事が出来ます。


モーターの取り外し方法(VSシリーズ)